たまりば

  オフィシャル オフィシャル  八王子市 八王子市


<%site_name%>

多摩の人たちが作る、多摩が大好きな人のための 地域ブログポータル「たまりば」

たまりばTOP

多摩地区のお店・会社・団体・イベントPRに!たまりば看板娘・看板男子

2018年07月16日

【若者の居場所作りプロジェクト まがり】代表 間野さん、渉外 藤森さん



まがり(間借り)PROJECTとは、創価大学の西川ゼミを中心に、八王子市内の若者の居場所づくり・社会参加・出会いのきっかけづくりを目的とした学外の活動です!

「まがり」という言葉には、「曲がりなりにも大人の、まぁ仮の姿、人生の曲がり角」など、色んな意味を込めています。
月に一度フードバンク八王子ワークスさんに間借りして、毎回異なるテーマで生きづらさなどを語りあう場を設けています。
毎回語り場には、八王子で多様な生き方をしているゲストスピーカーをお呼びしています!

他にも、学生視点で市内に居場所を見つけるために街歩きを行ったり、八王子の人との関わりをつくるために八王子のイベントに積極的に参加しています。

  


  • Posted by たまりば編集部  at 08:00多摩地区の看板娘&看板男子

    2018年07月09日

    【環境NGO虔十の会】坂田昌子さん



    虔十の会(けんじゅうのかい)は、高尾山の豊かな自然を守りつつ魅力を発信する環境NGOです。
    誰でも気軽に登れる親しみやすい山として高尾山は人気がありますが、実は日本で植物の種類が最多、日本の昆虫三大生息地のひとつ、野鳥は日本に生息するうちの約3分の1が見れるという命ひしめく山です。
    多様な草木たちと虫、鳥、動物たちが、互いに関り合いながら生きていることを伝える虔十の会の「生物多様性ガイド」は大人気❗

    ただ今、裏高尾にガイドや環境保全の拠点となるカフェを日本の伝統的建築工法でセルフビルド中!
    同じ敷地には、ツリーハウスもあります。
    今年の秋に完成予定ですが、完成すれば高尾山の魅力満載、素敵なスポットに

    7月13日からクラウドファンディングがスタートします。
    応援してください❗❗

      


  • Posted by たまりば編集部  at 11:30多摩地区の看板娘&看板男子

    2018年06月25日

    【インターナショナルな七夕飾り】八王子駅北口商店会 清水栄さん



    八王子駅北口商店会では毎年6月下旬から7月にかけて、マルベリーブリッジの排気塔に回りに七夕飾りを行っています。

    今年は海外の方にも七夕を楽しんでいただけるよう「日本語、英語、中国語などで案内看板」を作りました。

    さらに創価大学などの大学生さん、国際協会さんなどにご協力いただき「14か国のいろいろな国の言葉で短冊」を書いて頂けるようにしました。

    異国で母国語を見るとうれしくなったり、励まされたりします。
    商店会は、そんな気持ちを応援します。

    ご覧になったかたにご参加いただけると嬉しいです。

    また、世界につながる八王子表現するためにあわせて万国旗もかざります。
    夏の風物詩をお楽しみくださいませ。

    【行事内容】
    ●マルベリーブリッジを七夕飾りにプラスティック短冊を付けてありますので願いをお書きください。
    ●6/27~7/8までマルベリーブリッジ上の七夕飾りに飾らせていただきます。
    ●是非、写真を撮って国際都市八王子を世界に発信しましょう。
    #hachiojitanabataのハッシュタグをつけていただけると嬉しいです。

    みなさんの願いがかないますように・・

      


  • Posted by たまりば編集部  at 08:00多摩地区の看板娘&看板男子

    2018年06月18日

    【DRUMAGIK】代表 佐々木薫さん



    ドラムサークルは、世界各国の打楽器(タイコやマラカス等)を使ったコミュニケーション体験の時間。
    楽器経験・年齢・障がいの有無・国籍にかかわらず、「手ぶらで」「その場で」ご参加いただけます。
    一緒にたたけば、One Big Family♪

    DRUMAGIKは2003年、ドラムサークルを日本で最初に紹介したパイオニアの団体。
    コミュニティ作り、コミュニケーション、チームビルディング、ダイバーシティ等を楽しみながら学ぶ場として、イベント、福祉・教育の他にも、大手各社での企業研修も行なっています。

    7月14日(土) NPO法人ぷれみゅう主催ドラムサークル
    詳細:facebookページでご覧ください。(要予約)

      


  • Posted by たまりば編集部  at 08:00多摩地区の看板娘&看板男子

    2018年06月11日

    【あひるの家】お祭りの盛り上がりにハマった新米店主 狩野朱さん



    40年前地元国立で父親が無農薬野菜を積んで売り歩いたのが、有機農産物・有機加工食品【あひるの家】です。

    全国の有機農家と出会い、生産から消費まですべてに繋がる「有機農業ネットワーク」を築き上げてきた彼らも今、世代交代の問題に直面。オーガニック市場への大手やネット通販の参入もあって、街の小さな有機八百屋は次々と閉店しています。

    【あひるの家】はありがたいことに地元で支持され40年目を迎え、このたび息子の私が引き継ぎました(父は現役で店番中)。
    そのタイミングを狙ったかのように巻き込まれた、地元旭通り中央会の『ジューンフェスタ2018』が、今年も大盛況で幕を下ろしました。

    初の歩行者天国、疾走する人力車、食べる飲む歌う笑う…片手間では追いつかない、準備を経て皆で無事やり遂げた時の達成感・満足感。
    【あひるの家】のある国立旭通り商店街は今日も元気です!

    あひるの家 
    「新」代表 狩野朱(かのあかし)
    東京都国立市東1-15-44
    tel 042-575-9049
    fax 042-575-8382
    mail ahirunoie@iaa.itkeeper.ne.jp

      


  • Posted by たまりば編集部  at 08:00多摩地区の看板娘&看板男子
    【たまりば地域カテゴリー】
    八王子市/立川市/武蔵野市/三鷹市/青梅市/府中市/昭島市/調布市/町田市//小金井市/小平市/日野市/
    東村山市/国分寺市/国立市/福生市/狛江市/東大和市/清瀬市/東久留米市/武蔵村山市/多摩市/稲城市/
    羽村市//あきる野市/西東京市/瑞穂町/日の出町/奥多摩町/檜原村/その他/